2019年12月22日 21:11

【構成主義の考え方】なぜ、教育ではなく『学育』なのか?

学育

本公式ホームページのテーマ「学育」は、子供が「学び育つ」のをサポートしていこうという考え方です。

「教育」という言葉は、文字通り「教え育てる」という視点をイメージさせるもので、知識をもった教師を教える側、生徒はそれを受け取る側の受け身な存在に想定しがちです。

その視点を学ぶ側中心の視点に転換させていこう!ということで、「学育」という言葉を使わせていただいてきました。(「教育」は時代遅れ。『学育』の視点を!https://tomohirohoshi.com/?p=872

今回はこの「学育」の視点の理論的根拠のもとになる。「構成主義」の考え方をご紹介しましょう。

教育界の大御所の言葉

例えば、アメリカの進歩主義教育(Progressive Education)の先駆者として名高いアメリカ哲学者ジョン・デューイは、学ぶことをより能動的な行為として捉える教育理論を展開したことで有名です。

学ぶとは、学習者が成し遂げる何かである。それは、能動的(active)で、学習者自身によって遂行される出来事である。(Democracy and Education )

また、モンテッソーリ教育法で有名なマリア・モンテッソーリもこんな言葉を残しています。

教育とは学習する人によって、自発的に成し遂げられる自然なプロセスです。話を聞くことで得られるものではなく、周りの世界を体験することによって成し遂げられるのです。(Education for a New World)

このように学習を「能動的な行為」としてとらえる考え方がこれまでも提唱されてきたのです。

「構成主義」の基礎となる考え方

そうした考え方が「構成主義」の基礎になっています。

構成主義とは、学ぶことを、学習者が自分の理解を能動的に作り上げていくプロセスとして捉える教育理論です。

学ぶとは、私たちがそれまで身につけてきた知識やスキルを使って、自分の理解を「組み立てる」もしくは「構成する」こと。本質的に能動的な行為だとする理論です。

つまり、単に授業中に受け身に話を聞くだけでは、学びは起きないということになります。

学習者の側で、そこから得た情報を自分のこれまでの知識やスキルに組み合わせて、新しい理解をしたり、これまでの理解をアップデートする能動的なプロセスが必要になってきます。

こうした学習者の主体性や能動性が、私が提唱している「学育」の考え方の根本にもこうした教育基礎論が背景にあります。

このように学びを能動的なものとして捉え直して、学習する子供たちがアクティブに学びに参加できるように取り組むのが「アクティブ・ラーニング」のトレンドです。

以前にアクティブ・ラーニングのブログも書いておりますので、そちらの方も参考にしてください。(https://tomohirohoshi.com/?p=189

オンラインサロン「学育ラボ」メンバー追加募集中。

この度、
星校長のオンラインサロン

================
『学育ラボ』新規メンバー募集
================

しております。
https://community.camp-fire.jp/projects/view/221282

学育ラボでは、

・幼児教育
・語学教育
・高等教育
・オンライン教育
・指導法
・子育て
・ギフテッド教育
・大人の学習法

等々、

教育にまつわる多種多様な
テーマを取り扱います。

それだけでなく、

サロンメンバー限定で、
星校長に自由に質問を投げることができます。

動画を通じてにはなりますが、
星校長ご本人による直接の回答です。

世界の教育現場のトップに従事される
星校長から直接、情報を受け取ることのできる
日本で唯一の環境です。

しばらく募集を止めていましたが、
この度、新規メンバーを募集致します。

●「学育ラボ」メンバー募集中!
https://community.camp-fire.jp/projects/view/221282

追伸:2万部増刷!大好評発売中
『スタンフォード式 生き抜く力』

先日、スタンフォード大学・オンラインハイスクール
日本人校長の星友啓先生のデビュー作『生き抜く力』の
2万部増刷が決まりました!

東京の大手書店では、
ビジネス書ランキングにもランクイン!

まだ本書を手に取っていない方は、
書店かAmazonにてお買い求めください。

Amazonから購入する方はこちら!

また、すでに本書を読んだ方は
周りの人へシェア、そしてAmazonレビューに
感想も書いてくれると嬉しいです。

それでは。

次回のブログも楽しみにお待ちください。

公式メールマガジン(無料)では最新情報をお届けします!

公式メールマガジン(無料)にて、
星友啓のブログ更新の通知や最新のお知らせを
受け取ることができます。

■メールマガジンの購読はこちらから
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=ips&formid=972
※最新のブログ記事が更新される度にお知らせが届きます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。