【学び方を学ぶ】科学的に効果が立証されている10の方法

ライフハック

ちょっと前にバーバラ・オークリーさんに私の運営しているスタフォードオンライン高校でオンラインの講演をしてもらいました。保護者会が学校に提案したもので、バーバラもスタンフォードに子供が在籍しているということで気軽に了承してくれました。

バーバラ・オークリーはアメリカのオークランド大学というところの工学教授です。世界最大のオンラインコースのプロバイダーであるCourseraで大ヒットした「学び方を学ぶ」(Learning How to Learn)というオンラインコースで有名です。

これまでに200万人以上が受講し、200カ国語に翻訳されています。

学ぶとはどういうことなのか?どうやれば、効果的に学べるか?そうした問いに認知科学をベースに答えていきます。

「学びの科学」の知見から、老若男女学びを続けていくすべての人たちに、効果的な学び方を伝授するものです。

オンラインサロン学育ラボでも、バーバラの未翻訳の本の書評もしたりして、学び方のテクニックをご紹介しました。

バーバラのコースの「学び方を学ぶ」が「学び方を学ぶ」というコンセプトを爆発的に流行らせました。

現代社会の変化のスピードが速く、今必要なスキルやコンテンツがどんどん入れ替わっていく中、常に新しいことを身につけたり学んでいくことができるように、「学び方を学ぶ」ことが必要だ。そんなかんじで皆さんも目にされるのではないでしょうか。

私も職業柄、どんな学習方法が効果的かを常に追い求めているわけです。

最近お目にかかった2013年の論文で、科学的に効果を確認されてきた学習法を網羅的に扱ったものがありました。(”Improving Students’ Learning With Effective Learning Techniques: Promising Directions From Cognitive and Educational Psychology” ジョン・ダンロスキーなど)

効果の強弱や、どのような生徒に効果がでるか、などは様々に異なるものの、どれも学習現場でよく目にする方法です。

自分の子供や生徒が、既にやっていることも多いと思います。それらが科学的にも根拠づけられているということで、安心していただければと思います。

また、まだやっていない場合でも、今すぐできるエキササイズばかりです。授業のデザインや、子供さんの学習サポートに、ご参考いただければと思います。

1. なぜかを説明する。

学習した事実や現象の理由や原因を説明することで、理解を深めるだけでなく、よりしっかりとした記憶も促されます。

2. 関係性を説明する。

新しく学んだことが、これまで学んだこととどのように関係しているかを説明したり、数学などで、問題の解き方を一歩一歩説明していくことも効果的です。

3. まとめる。

学んだことをまとめて述べてみる方法です。実際にまとめを決まった文字数で書いてみるというようなエキササイズも効果的です。

4. ハイライトや、下線を引く。

他の方法よりは効果が少なく、生徒や実際のやり方に大きく左右される方法ですが、一定の効果は確認されています。なるべく、ハイライトや下線をする部分を限定していくと、記憶や集中する効果が高くなることが知られています。(ページのほとんどを塗りつぶしても意味なしです。)

5. キーワードや語呂で覚える。

語呂合わせの良いキーワードをつかったりするのは最も基本とされる記憶法の一つです。

6. 視覚的なイメージを使う。

本を読んだり、話を聞いたりしている時に、その風景を視覚的にイメージしようとすることで、学習効果が上がります。また、キーワードや語呂だけでなく、視覚的なイメージを使って、記憶するのも効果的だということが知られています。

7. 読み直す。

一度読んだテキストをもう一度読み直すのは、復習の基礎です。科学的も効果が確認されています。

8. テストしてみる。

テストは自分の実力を知るためのものでなく、自分の実力をつけるものです。自分で学習したことを自分でこまめにテストしてみましょう。

9. 勉強時間を分散させる。

まとめて同じことを一気に学ぶより、より長い時間に分散させて学ぶ方が効果的だということがわかっています。例えば、同じことを2時間繰り返してや身につけようとするよりも、1日30分づつ、4日間にわたって繰り返す方が効果的です。

10. 色々混ぜて学習する。

同じタイプのものをまとめてやっていくより、違うタイプのものを織り交ぜて学習する方が効果が上がります。例えば、今日は数学、明日は英語、明後日は国語、というよりも、毎日3科目を少しづつやる方が、理にかなっているということになります。


追伸:公式メールマガジンへご登録いただくと・・

今後「星友啓Official Web Site」からのブログ記事の更新の告知を受け取りたい方は、以下の公式メールマガジンへご登録くださいませ。

■メールマガジンの購読はこちらから
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=ips&formid=972
※最新のブログ記事が更新される度にお知らせが届きます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。