朝日新聞に掲載されました!

お知らせ

この度、星校長が2020年7月3日「朝日新聞 朝刊(耕論)」に掲載されましたのでお知らせ致します。

記事の中では

・オンライン授業の欠点を補う「反転授業」の導入
・学びを支える「コミュニティ」の必要性
・オンライン教育の問題点
・これからの日本教育の課題

などの話題に触れ、

オンライン教育の実情や課題について
解説してくださっています。

以下、原文を掲載します。
ぜひご覧ください!

●2020年7月3日朝日新聞 朝刊
記事タイトル「学校でのつながりこそ鍵」
耕論/オンライン教育/星友啓(ほし・とも・ひろ)さん/米スタンフォード・オンライン・ハイスクール校長

本校は米スタンフォード大学の一部で、2006年開校の私立校です。世界の教育テクノロジーをリードする同大学に、世界中の才能ある若者と生え抜きの教育者をオンラインでつなげる新しい学校として創立されました。今は中高一貫、全米50州のほぼ全てと海外35カ国からの生徒が約800人学んでいます。

米国の中等学校は約2万7千校あり、うち300校程がオンライン校といわれています。本校は過去5年で全米高校ランキングのトップ10入りし、米国の有名伝統校とともに世界に羽ばたくリーダーを育成してきました。スタンフォードはもちろん、ハーバードなどのIvyリーグの大学にも多数生徒を輩出しています。

米国では3月中旬に新型コロナで緊急事態宣言が出ました。通常通りをめざしましたが、オンライン学校とはいえ、生徒の不安やストレスが高まり、課題を半減して、負担を軽くしました。

一方でオンライン教育に関する相談が殺到。無料のサイトやセミナーを発信し、約50カ国、延べ約5千人の教育者を支援してきました。米国のオンライン教育は大学が先行し、コロナ前でも学生の3人に1人はなんらかのオンラインコースを受講、6人に1人はオンラインだけで学位を得ていました。初等中等教育も、公立学校の教師の半分以上が毎日何らかのオンライン教材を使っていました。

<世界もオンラインの活用に大きく動き出しています。>
オンライン教育は多くの人にいい教材を提供できる一方、修了率の低さが最大の問題として指摘されてきました。学びは一人でするものでなく、良いコミュニティーに支えられ始めて可能となります。若い生徒ほどさらに深刻です。

そこで、スタンフォードではオンラインの「反転授業」を導入しました。授業で講義を聞いて、授業外で課題を解く従来型を逆転。前もって、ビデオ教材などで学んでから、オンライン授業に臨み、グループワークやディスカッションで効果的に学びを深める。これによって授業の中から共に学ぶコミュニティーが生まれてきます。オンラインでは生徒や教師が分断されやすいので、さらに意識的に学校でのコミュニティー強化を図るのが成功の鍵です。

また、オンライン教材のほとんどが「学びの科学」や教育学の成果にのっとっておらず、学習効果の検証もおこなわれていない現状もあります。教師はオンライン教育の十分なトレーニングの機会を得られず、学校からの支援も乏しい中、教材や教育方法について不安を抱えています。

自治体や政府の支援に頼りきらず、教師同士が発見を共有し助け合う、新たな繋がりの機会を意識的に作っていくことが求められます。
日本では標準的なものを一律に導入しようとしがちですが、それは一番まずい。時間がかかり地域・学校・子どもによって違う事情に対応できません。子どもたちのやる気をどう引き出すか、多様なアプローチを認めるべきです。

略歴 星友啓さん
1977年生まれ。東京大学卒業後、スタンフォード大学で哲学博士。同大講師を経てオンライン高校スタートアップ。2016年から現職。

【14名限定】オンラインサロン「学育ラボ」メンバー緊急募集中!

そして!

今回の新聞掲載からも分かるように
オンライン教育の需要が高まりと共に

星校長の元には、教育に関する悩みや質問が殺到しており
世界からも今注目を浴びています。

この公式サイトへも

「星校長から情報を受け取れる機会を増やしていただけませんか?」
「星先生に質問できる機会はありませんか?」

といった類の問い合わせを多数いただいております。

そこでこの度、
星校長のオンラインサロン

================
『学育ラボ』新規メンバー緊急募集
================

させていただくこととしました!
https://community.camp-fire.jp/projects/view/221282

(※14名限定の募集となります)

学育ラボでは、

・幼児教育
・語学教育
・高等教育
・オンライン教育
・指導法
・子育て
・ギフテッド教育
・大人の学習法

等々、

教育にまつわる多種多様な
テーマを取り扱います。

それだけでなく、

サロンメンバー限定で、
星校長に自由に質問を投げることができます。

動画を通じてにはなりますが、
星校長ご本人による直接の回答です。

世界の教育現場のトップに従事される
星校長から直接、情報を受け取ることのできる
日本で唯一の環境です。

しばらく募集を止めていましたが、
この度、新規メンバーを募集致します。

ただし、こちらは

【14名限定】

での募集となりますので
お早めに詳細をご確認ください。

●「学育ラボ」メンバー募集中!
https://community.camp-fire.jp/projects/view/221282
(※14名限定の募集となります)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。